HOME

act.1

act.2

act.3

act.4

アクト1

【On The Road】

●このサイトについて

このサイトでは「苅宿」という町を紹介して行きます。

苅宿「かりやど」と読みますが、とても響きが面白いですよね。神奈川県川崎市中原区にあります。

「苅宿」に関するサイトがなかったもので、それでは自分でとりあえず作ってしまおうと思ったのが2001年11月のことでした。

現在「苅宿小学校」のサイトがありますし、近隣の町にお住まいの方がブログを運営されていたりで、このサイトを作った当時とは比べものにならないほど、検索すれば、地域の情報が得られるようになったと思います。

ホームページとしてのあり方も古さが目立つようになってしまいましたが、今しばらくは手作りで更新して行こうと思っています。

苅宿小学校

川崎市立苅宿小学校

photo galleryでは、苅宿の風景をご覧になれます。


苅宿の公式ホームページではありませんので、紹介する視点に偏りがあるかも知れませんが、個人ホームページと言うことで、お許し下さい。

もし、苅宿にお住まいの方で、こんな事を掲載して欲しいな、と言う事柄がありましたら、メールをお送り頂くか、掲示板へ書き込みをお願いいたします。


私一人で「苅宿」について語るのは無理があると思いますので、

  • act2では「苅宿」について貴重な文献から苅宿の歴史をご紹介します。また、機会があ れば現在の苅宿についても紹介できればと思っています。
  • act3では「苅宿神社・苅宿八幡大神」の由来や、地元の方も知らない事などを紹介いたします。
  • act4では、私もメンバーである「苅宿囃子連」や「苅宿の祭り囃子」について触れてみたいと思います。

●On The Road

町の紹介なのに何故「on the road」と思われたかも知れませんね。このサイトのタイトルを決める時、さてどんな名称が良いのかなと考えました。

思いつきと言うよりも、以前から「On The Road」と言う感覚、旅の途中のような感覚をいつも持っていたから、だと思います。

人生自体が旅のようなものだと思いますし、一体「私達はどこから来て、何処へ行くのだろうか」実生活の忙しい合間、瞬間に、ふとそんな想いにかられた事はないですか?

小さな町「苅宿」にも歴史がありますし、そこに住んできた方々にも歴史があります。瞬間、瞬間の積み重ねが歴史となって行くんですよね。そのように捉えれば、何処にいても、誰しもが「On The Road」なのではないでしょうか。

と言うわけで「苅宿」についてのご紹介のサイトですが、タイトルは「On The Road」とさせて頂きました。

●最近の出来事

8)3.11

前回「最近の出来事」を書いたのが2002年で「初心に返って、私がこのホームページを通して何を発見し、発信したかったのかを、もう一度見つめ直してみたいと思います・・」と言う書き出しの「路」と「道」でした。その文章は「最近の出来事書庫」をご覧ください。

今回は3月11日に起こり、多くの犠牲者、被災者をを出した「東日本大震災」を通し、今思うところを書いてみたいと思います。

一ヶ月を過ぎた現在も死者の数は増え続けており、被災者の方々は避難所での生活がいつまで続くのか、また原発事故の収束も先が見えず、関東圏ならず、日本そして世界へも色々な影響を与えています。仕事などで思わぬ影響を受けている方も多いのではないでしょうか。

被災地の皆さまには掛ける言葉もないような気持ちですが、震災直後からテレビで見る映像には心が痛むばかりでした。海外にも被災地の映像がほぼリアルタイムで流れているようで、日本へ向けた温かいメッセージをYouTubeなどで見る事が出来ますし、義援金も大きな国のみならず、小さな国からも送られ、この大きな災害に負けぬよう、心を強く持って、あたなは一人ではないですよ、と言うメッセージが沢山日本へ送られており、国や人種を超えた「思いやり」と「絆」と言うものが、本当に大きく強いものに感じられました。

日本政府の原発事故への対処などには批判の声が国外からも上がっていますが、これは重く受け止めるべきだと思います。まずは収束への道を進まねばなりませんが、あまりにもリスクの大きい原子力発電を今後どうしていくのかを良く考えなければなりませんね。小さな島国であり、地震が多く、唯一の被爆国である日本として・・。

話は地震の当日へと戻りますが、地面が大きく動き、建物や電柱などもゆさぶられるような事は初めての経験でした。大正12年生まれの父も「こんなのは初めてだ」と言っておりましたが、父は2階からラジオを持って外へ出てきまして、地震直後に停電しましたので、そのラジオが情報を得るための最良の手段となりました。携帯は繋がらずメールも送れなくなりましたよね。

その後の計画停電の時なども、パソコンは使えませんし、情報はラジオか携帯のワンセグでした。夜の停電は暖房が使えずでしたが被災地の方を思えばと言う気持ちでした。灯はロウソクを使用しましたが、火の元には要注意ですね。関東大震災では火災で亡くなられた方が多かったそうです。

計画停電がひとまず無くなり、情報は「twitter」などで次々と流れて来ます。気になっていた「twitter」を地震関係などの情報収集のために初めてしまい、情報の早さ多さにやや疲れる気がします。

「blog」「mixi」「twitter」等々、情報の発信、収集はここ数年で様変わりしましたが、日々移り変わって行くもの、また変わらぬもの「不変」のものもあるわけです。

前回書いた文章の末尾に「個人や企業が利益を追求する、それ自体は健全な事でしょう。それと同時に私たちは、物を得るため、買うために、それに見合った代価を支払うのも当然の事です。いずれにしても、そこには人と人との繋がりが有るわけですが、その人の繋がりを大切にするという当たり前の事、大切なものが、どんどん失われて行くような感覚を持った事はないですか? 人間としてのルール「道」さえも。」と書きました。

今回の地震直後の人々、企業の動きを見ていますと、その「道」が見えてきたような気がします。あまりにも辛い出来事を通してではありますが、一歩一歩進んで行かなければなりませんね。

がんばろう東北! がんばろう日本!

(2011.4.23)

最近の出来事は別ページに移動して残しておきたいと思います。
最近の出来事書庫



HOME

act.1

act.2

act.3

act.4


Loading