on the road_link

太田美知彦

■太田美知彦

太田美知彦さんは苅宿にお住まいで、苅宿神社の祭礼奉納演芸に「太田美知彦と仲間達」として2009年より出演されています。地元にこのような方がいて嬉しいですね。
長野県出身。
長野県長野商業高等学校卒業後、『原田真二&クライシス』のメンバーとしてデビュー。『爆風スランプ』『中原めいこ』『TOM★CAT』『吉川晃司』『稲垣潤一』『山本英美』『T-BOLAN』など様々なアーティストのサポートメンバーを務め、後に作曲家、編曲家としての活動が中心となる。 1996年に放映された「キャプテン翼J」1997年から1998年にかけて放映された「中華一番!」の音楽を担当、1999年度に放映された『デジモンアドベンチャー』の挿入歌「brave heart」、2000年度に放映された『デジモンアドベンチャー02』の主題歌「ターゲット〜赤い衝撃〜」などを作曲した。 2005年、北野 明(きたの あきら)名義で作曲し氷川きよしへ提供した「初恋列車」が、第47回日本レコード大賞金賞を受賞した。2013年、SKE48に楽曲提供した「羽豆岬」の歌碑(石碑)が愛知県南知多町にある同名の岬[2]に建立された。 以上は「ウィキペディア」からの引用ですが、まだまだ続きます。
太田さんのリンクは「フェイスブック」へのリンクです。

伊藤多喜男

■伊藤多喜雄

平成28年現在から遡ること30年ほど前、苅宿神社の奉納演芸に2回だったと思いますが、出演して頂いた「伊藤多喜雄さん」のofficial web siteです。多喜雄さんも、とても懐かしいと、苅宿の事を覚えてくれておりました。 多喜雄さんの活躍をご存知の方も多いと思います。
北海道苫小牧出身。
「民謡界」の枠にとらわれず「民謡」の復活へ向けて、独自に活動の場を切り開いてきた。坂田明、小室等など様々なジャンルのミュージシャンとも共演し、積極的にライブ活動を展開。傍ら「唄さがしの旅」を重ね、生活に基づく唄を訪ね歩く(「北の海の道」「多摩紀行」出版)。唄を通して、日本各地の町おこしにも関わり、日本中を駆け回る日々を送っている。(ウェッブサイトより)

■エド山口&東京ベンチャーズオフィシャルサイト

苅宿神社祭礼の奉納演芸に、2000年より出演して頂いていた「エド山口&東京ベンチャーズ」のサイトです。
エド山口('48.7.9生):ベンチャーズでギターを知り、高校時代にセミプロ的活動を行う。大学時代には横浜でジャズベースを勉強し、帰京後ソウルバンド『ブルーエンジェル』を結成、新宿『ムゲン』などで活躍する。その時のメンバーが現在も活躍中のグッチ裕三と実弟のモト冬樹である。'82年「お笑いスター誕生」8週勝ち抜きで芸能界ソロデビュー。TVラジオ等で活躍のかたわら、内藤やす子「六本木ララバイ」を始めとする作詞・作曲活動も行っている。(ウェッブサイトより)

■ちょうちん家・太田提灯店

エド山口&東京ベンチャーズのドラマー「太田 収」さんの店。太田さんは苅宿囃子連の仲間でもあります。
提灯のご用命は太田提灯店へ!

■V-fan network

エド山口&東京ベンチャーズのリズムギター担当、
“DON”清原さんのベンチャーズ・ファンのホームページ。
ベンチャーズ関係の情報満載です!

■石田倫依 official web site

2006年8月20日、苅宿神社祭礼にて、エド山口&東京ベンチャーズと共に、素敵な歌声を披露して頂いた「石田倫依(のりえ)さん」の official web siteです。
当時、倫依さんは苅宿にお住まいでした。
北海道新十津川町出身。
滝川高校を経て、藤女子大学文学部国文学科在学中、英語ミュージカルサークルに所属、ヴォーカルを佐々木優子、声楽を平野則子に師事。
卒業後、東京ミュージカルアカデミーへ入学。 バレエを三瓶由美子、モダンダンスを稲吉優流、タップダンスを玉野和紀、マイムを平野弥生の各氏に師事する。
卒業後はダンスミュージカル「ベーリンジア(NewYork HarryDeJur劇場)」 現代マイム劇「マッチ売りの少女(東京芸術劇場)」等、様々なジャンルの舞台作品に出演。
その後「歌」での表現に惹かれ、ライブやコンサート、ディナーショーに出演。 高木潤一、渋谷毅、小畑和彦等と共演する。 独特の節回しを生かし、よさこい楽曲等レコーディングも多い。
また、「701人麻呂の歌に隠された九州王朝(DVD)」では 小倉智昭、大塚芳忠と共にナレーションを担当するなど、幅広く活躍。
2015年に劇場公開されたドキュメンタリー映画「17才の別れ」では、 エンディングテーマ「水の記憶」を担当、歌のみならず作詞・作曲・ピアノも手がけた。 アルバム「鹿とオルガン」「ゆづりは」シングル「ほっちゃれ節」をリリースしている。(ウェッブサイトより)

川崎市立苅宿小学校

■川崎市立苅宿小学校

地元の「川崎市立苅宿小学校」のホームページです。苅宿のほぼ中心に位置し、苅宿商店街に面していますので、地域との繋がりが深く、苅宿には子ども達の元気な声がいつも響いています。子ども達の純真な心、気持ちに応えられるよう、私たち大人も、個人・団体を問わず立場を超えた相互理解の上で、協力体制が持てるようになれば素敵ですね。

安藤運送株式会社

■アンドウトランスポート

苅宿小学校50周年記念事業実行委員会・実行委員長として活躍した「安藤照彦さん」の「アンドウトランスポート」のホームページです。
苅宿小学校は、来年60周年の周年行事となりますね。

■kumaza plaza

山口県防府市在住の熊崎さんのサイト。清々しい水彩画がご覧になれます。熊崎さんは2003年まで苅宿に住まわれておりました。多摩川周辺の水彩画も沢山描かれていて、見た事のある風景が水彩画でご覧になれるかも知れませんよ。

■紺野の仕事部屋

エド山口&東京ベンチャーズの2枚目のCDジャケットのイラストを描かれた「イラストレーター紺野」さんのサイト。イラストのみならず多彩なアートワークが楽しめます。苅宿神社祭礼(奉納演芸)のポスターには紺野さんのイラストを使わせて頂いております。

横濱里囃子・とまや

■横濱里囃子・とまや

横濱里囃子「とまや」は、横浜市中区の「棚橋氏」を師匠とし、神奈川県内各地から地域にとらわれずに集まって稽古に励み、江戸時代以来、明治・大正・昭和・平成と演奏され伝承されてきた多くの曲目を出来るだけ後世に残そうと活発に活動されています。師匠の棚橋氏には、「祭り囃子のお話し」で大変お世話になっており、実はまだまだお話しは続いております。ちなみに会の名称の「とやま」とは、苫(とま)「菅(すげ)・茅(かや)などで編んで作ったもの」で屋根を葺(ふ)いた,粗末な家を意味しています。

■品川拍子ゆきわ会

ゆきわ會さんは、東京都品川区南品川で、品川拍子と祭礼囃子の保存・伝承を行っておられます。
品川の祭礼の様子などをご覧になれます。伝統を感じさせられるサイトですね。

関古式囃子保存会

■関古式囃子保存会

横浜市港南区笹下に於て、神田囃子の流れを汲むお囃子を伝承されている「関古式囃子保存会」さんのサイトです。
歴史も古く、伝承経路等とても興味深いものがあり、ぜひ一度聴かせて頂きたいと思います。

久保井朗童

■篠笛の朗童

私達「苅宿囃子連」も愛用させていただいている篠笛を作られる「久保井朗童」さんのウェッブサイトです。
久保井氏は、横浜市港北区日吉(駒林)にお住まいです。

大田区の史跡と歴史・デジカメ散策

■大田区の史跡と歴史・デジカメ散策

川崎は東京と横浜に挟まれていますが、その東京側の大田区の史跡と歴史を、写真と丁寧な解説でご覧になれます。1頁1頁を楽しく見て、読み進む事が出来ます。資料も豊富でとても勉強になります。ふと歩いてみたくなる道がここにもありますよ。
本来のトップページは、
馬込と大田区の歴史を保存する会」です。
こちらからもご覧下さい。

街道を尋ねて

■街道を尋ねて

北倉庄一氏(故人)のサイトです。「道はそこを通る人々の生活や文化に大きな関わりをもち、政治や経済体制、時代の移り変わりとともに栄えては廃れ、あるものは今に残りそしてあるものは消えてゆきます・・・。」
「平間道」は、苅宿の昔を考える上で、欠かせない道だと思いました。この平間街道はお囃子にも関係しているようで興味深いです。テキストを主体にされていますが、とても貴重なサイトだと思います。

子育てのための小論集

■子育てのための小論集

現在子どもたちがおかれている現状を踏まえた教育のあり方、学校と地域との関わり、郷土の音楽、地域の文化という財産を守る新しい学校の機能についても触れられています。 教育再生の切り札の項目で、筆者の清水秀晶先生は「家庭教育を変えるのは無理である。変えるとすれば学校教育だろう。」と記されていますが、親としては家庭での躾けにも気を配るべきで、家庭、地域、学校それぞれが、子育てという事を意識し、相互に理解と連携を持てる地域・社会がベストなんだなと感じました。

川崎市ホームページ

■川崎市ホームページ

川崎市のホームページです。川崎市に関する事柄を網羅されています。市民にとってはとても便利であり活用したいサイトですね。また市民でない方がご覧になると川崎のイメージが変わるかも知れません。
中原区ホームページ」など、市内各区サイトへのリンクなどもあります。

音楽のまち・かわさき

■音楽のまち・かわさき

川崎市制80周年を期にに発足した、市民団体「音楽のまち・かわさき」推進協議会のサイトです。川崎にお住まいの方のみならず、音楽好きな方にとって貴重な情報満載のサイトです。
貴方も川崎に住みたくなるかも知れませんよ!!

ACC 美術著作権センター

■ACC 美術著作権センター

苅宿にお住まいの「渡辺豊重先生」の油彩・水彩を現在375点ご覧になれます。是非ご覧になってください。
著作権についてはよく考えてみる必要があると思います。創作者を支援する意味でも大切な事ですね。その趣旨を理解するためにも「美術著作権センター」のサイトをご覧下さい。
美術著作権センターの目的より
美術著作権センターは、著作権という創作者の権利の保護を図るとともに、その使用面でも、これまでの安易な権利侵害を排し、容易に利用できる道を開くことを目的として設立されたものです。さらにインターネットなどの活用により、美術家とその作品の紹介を国内 はもちろん世界に向けて行うなど、この著作権の利用をわかり易い使用規定のもと、希望する多くのユーザーに、広く発信し、普及させていきたいと考えています。

Apple Japan Edit with Jedit X Made with Ju's iEdit original free web graphics LITTLE HOUSE WEB 極楽法典 和風素材集 mail_form.gif

苅宿八幡大神例大祭on the road_kariyado

kariyado-bbs

Loading